ビジネス五輪書~正しく疑う力~

前回は

思い込みは、全ての思考にリンクし

失敗の原因になると書いた

で、その思い込みをできる限り抑制するには

正しく疑う力』が必要であると

述べましたが

その、正しく疑う方法、というかコツ

を、ちょろっと話します

 

まず、次の問いについて、考えてみましょうか

 

問:地球は温室効果ガスにより温暖化している

 

おそらく、YESと答える人が大半だろう

しかし、温暖化については、50%もの学者が異を唱えている事実を貴方はご存じだろうか?

 

でも、温暖化は事実なんでしょ?

 

と貴方は俺の意見を遮ると思うけど

 

ここで、温暖化に対する疑問点について

 

2000年頃を境に、これまで上昇傾向であった地球の年平均気温は、ここ10年、一転して上昇していない、むしろ、低下傾向である

 

北極の年平均の上昇、ツンドラにおける永久凍土の氷解は事実だが、南極での気温は上昇していない、むしろ低下している

 

温室効果ガスの全大気における割合は0.4%程度である

 

温暖化によって海面上昇が助長した南太平洋ツバル。しかし、それは地盤沈下が原因であった

 

どうだろうか?

一概に、温室効果ガスによる温暖化説を、この事実を基に肯定できるだろうか?

 

これらの事実も考慮すると

別の要因も考えられるのでは?

とならないだろうか

 

別にこれは、温室効果ガスによる温暖化説を攻撃する

意図ではなく、温暖化説は正しいかもしれない

今、論点はそこではなく

正しく疑う を忠実に実践した結果である

 

 

要は、『なぜ?』という問いかけを起点に

思考を広げる事で

思い込みを遮断し

新しい考えを導きだすことができる

 

これが、正しく疑う という事だと思うし

アイデアを着想する、論理的に分析する事も

この正しく疑う事ができないと

期待する成果は得られないはずである

 

そして、その質問する力を支えるモノ

本当の思考の底辺を、あなたはご存じか?

 

マインドマップの開発者、トニーブザンは

私たちインストラクターにこう言った

 

あなた達は、人にモノを教える、伝える立場です

だから

興味の幅を広げなさい

 

Be Interested in Everything