ツール愛

土木の設計事務所を始めたころ、お金がなくて
製図するソフト
いわゆるCADを買えず(高価15万円以上)
知り合いから、CADを譲ってもらった

AutoCAD

いろんな分野で

世界で最も使われているソフト

俺、大興奮

だって、すげー高価なソフトだから

だが、もらったはいいが
カスタマイズしないと使えない事が判明

落胆した

 

やはりお金をかけないと駄目なのか・・・・

 

使用を諦めかけたが、中途半端はくやしいし

何より好意で譲ってくれた知人に申し訳ないので
素人のカスタマイズ挑戦が始まる

 

AutoCADのカスタマイズの本を取り寄せ

ネットサーフィンを繰り返しながら

知識を一つずつ増やし、それを繋げながら

VBAを組み込み、格安プログラムをアドオンし
自分専用にカスタマイズした結果
AutoCADは劇的に生まれ変わる

それは俺の手となり足となって
お金を生み出す手伝いをしてくれた
ときには、3日寝ずに一緒に仕事もした
世界に一つだけのソフトで生み出された
その設計図等の成果に
お金を支払って頂く喜び
本当に幸せだと実感した

 

『ツール愛』である

 

ツール本位ではいけない

道具は道具であるという考え方がある

おそらく、今のビジネスでは

その考え方が主流かもしれないが

俺にとっては

手塩にかけた、そのソフトは
ただのデジタルで構成されたプログラム

ただの道具ではなかった

真のパートナーだった

 

一流の職人は道具にこだわる

道具を大切にし、道具に工夫を施す

逆に、道具を大事にしないヤツは

いい仕事はできない、絶対に

 

俺から言わせてもらえば

ツールは所詮ツールと言い切る人は

仕事に重みが無いんじゃないか?

 

今の世の中の仕事

コピペが氾濫しているのは

その証ではないかと思っている

 

道具にこだわる、愛着を持つという事は

いい仕事をしようという意思表示である

と俺は考えている

 

 

俺は、今

マインドマップという思考ツールを使っていて

それを世間様に提供しているが

これを、ただのツールとして捉えていない
他者が作ったモノであるが
前出のAutoCAD同様、

徹底的に深堀し
愛を持って接し

自分の信念や哲学をお伝えするように心掛けている

ちなみに

マインドマップの開発者トニーブザンは
マインドマップは脳の取説である、と言っているが
俺は、脳のOSだと思っている
俺的にはマインドマップは単なる取説ではないわけで
そこには1mmたりとも、ただのツールという考えはない

だから
口が裂けても、所詮ツールです

ツール本位ではいけません、とお客には言えない
それに、そんな事言ったら、開発者にも失礼である

道具に愛を注ぎ込めば

道具、ツールと使う側に対話が起こり

よりお互いが深化しシンクロすることで

仕事の質を高めると、俺は思うがね