速読とは~その1~

今日は速読の話をしようか

珍しく2回か3回に分けるw

 

今回はその第1回目

 

本は読まないより読んだほうがいい

知識を蓄える

手っ取り早い方法であり

最も有効な手段である

 

読書好きは良いけど

でも、かったるいよな、読書w

 

あなたは読書嫌いだけど

本を読む有効性を自覚してて

速読に興味を示しているならば

 

もし、本を速く読めるようになったら

どんな、良い事が待っているか

考えた事があるだろうか?

 

・資格試験の勉強がはかどる

・仕事でのメールチェックが楽になる

・マニュアルを読む時間を短縮できる

・仕事の時間が短縮できる

・本を沢山読めて、スキルアップできる

等々

 

以上列挙したことはメリットね

恩恵ベネフィット、ちゃうよ

 

速読をマスターして得られる恩恵

 

こっちの方が重要だ

メリットは速読を始めるきっかけだが

あくまでも、付録である

 

で、その恩恵ね

 

・集中力が増す

・認識力が向上する

・判断力が向上する

・周辺視野が広がる

・思考力が向上する、等々

 

要するにだ、頭が良くなるのよ

 

良い事ばかり、デメリットは全くないw

 

ところで

巷には、いろんな速読法が存在する

 

どんどんページをめくる、パラパラめくる系

5秒ぐらいでページをめくる、サラサラめくり系

10倍速く読めるーズボラ系

4倍速く読めるー鬼訓練系

 

パラパラめくり系は、インチキとか

批判をよく見聞きするが

俺から言わせたら、それは少し違う

 

パラパラ系のそのパラパラは

ものすごく、理に適った方法なのだ

 

そして批判者は、きまって反論する

 

『パラパラめくっても、頭に入らない』

 

要は認識できないと

 

当たり前だ、認識できなくて当然

無意識を利用しているからだ

 

なあ~んだ、コイツもフ○トリーディングや

○読系信者か、その手の話は聞き飽きたぞ

 

まあまあ、話を最後まで聞いてほしい

 

昔は確かに俺は信者だったが、今は違う

俺は、これでもも速読インストラクターだ

だから、速読術は俺の商品なので

しっかり説明する義務が俺にはあるのだ

 

因みに、その信者だった俺には

パラパラ系は肌にあった

なんせ、全然本を読まない人間だったからね

 

話を戻そう

 

あなたに質問

 

速読には

右脳式と左脳式があるって、知ってた?

 

たぶん、知らないだろうなあ、殆どの人は

 

ここから速読術を考えないから

せっかく受講しても不満に満ち足り

継続できなくなったりするんだよ

 

それで、その速読術だが

 

次回に続く、だは