記憶術の本当の意味

記憶術

 

学生さんに興味大のメソッドであるが

資格取得を目指す社会人にも

一大関心事である

 

加齢に伴い記憶力は低下する

 

というの、ある意味間違いであるが

その理由は

今回はカッツアイするとして

 

さて、記憶術の学び方だが

その手の類の本は沢山出版されてるし

中身も、ほぼ同じだが

漫画形式のやつがお薦めだ

継続する、を考えた場合

難しい理論なんか、とりあえずどうでもいい

楽しく読めるものをチョイスしよう

 

1か月ぐらい訓練すると

劇的に記憶力は向上する

が、ほとんどの人は挫折する

 

邪魔くさいからねww

 

やらない理由は、おそらく

 

急場しのぎの方法という認識

 

があるから、挫折するんだと思う

 

試験に受かれば、用済みだからねw

 

だが

記憶術から得られる本当の恩恵を

あなたはご存じだろうか?

 

記憶力がよくなること、は

実はメリットで、恩恵ベネフィットではない

 

記憶術の実践、それは

 

あなたのワーキングメモリ

要は認識力を向上させるのだ

 

認識力が向上すれば

読み書きそろばんの能力が高まる

という事

 

長期的に

情報処理能力が向上すると

仕事や学習の生産性は高まる事で

時間の自由度が増すため

あなたの人生は、結果、豊かになるのだ

 

記憶術に加え

ジャグリングや速読もやると

更に効果的である

 

間違いなく

あなたの人生は一機に加速するだろう

 

ここまで言って、あなたは

やらない理由を探しますか?