ヘビーウォーカーのススメ

あなたが非喫煙者で

規模の大小に関わらず

どこかの組織に所属しているならば

 

あなたは、ある不公平感を抱いてるはず

 

喫煙者の一服休憩

 

黙認された習慣

いや公然と認められた

 

サボリ行為 である

 

更に、喫煙者がヘビースモーカーなら

なかなか、席には戻ってこない

 

ぬーーん

 

喫煙者が一服休憩で席を外すと

それは『仕方がない』で片づけられ

あなたの上司は何も言わないが

 

非喫煙者のあなたが、ちょとでも席を外すと

あなたの上司は決まって、こう言うだろう

 

『忙しいのに、どこ行ってたの?』と

 

そう

非喫煙者には

サボる権利は保障されていないのだ!

 

不公平である

 

人権侵害であるw

 

そこで俺は、世間に高らかに宣言したい

 

非喫煙者に生産的サボリを認めよ、と

 

喫煙者の一服休憩に対し

非喫煙者には

10分、15分のウォーキングの

権利を認めるべきだ

 

ウォーキングは

リラックス効果、瞑想効果があり

デフォルト・ネットワークを作り出し

閃きや気づきを得やすく

考えを整理できる

ゲシュタルト効果が期待できる

とおおおおーーても

生産性の高いワークなのである

 

しかもワークだから、仕事のうちなのだ

 

それに対し、一服休憩は仕事ではない

 

どうだ!、会社や組織のボスたちよw

 

たばこプカプカふかす行為を黙認するより

 

ヘビーウォーカーを黙認せよ

 

だは