マインドマップについて

マインドマップとは、英国の教育者トニーブザンが開発した

メンタルリレタシー(学ぶための学び方)を体現する思考ツールです。

一般的にはノート術と認識されていますが

学習、勉強のほかに

コミュニケーション、各種マネジメント、プロジェクトや製造の設計、

問題解決、イノベーション、カウンセリング、スポーツ・マネジメント等

幅広い分野で使用されています。

          (マインドマップ:手書き)

マインドマップを実際取り入れている国、企業、団体です。

 

◇国

  英国、メキシコ、バーレーン、シンガポール、中国

 

◇企業

  ウォルト・ディズニー、マイクロソフト、P&G

  英国航空、ボーイング、BP、トヨタ等

 

◇団体

  オックスフォード大学、NASA,国連、日本サッカー協会

 

因みにボーイング社がマインドマップで

航空機のエンジンを設計した話は有名です

 

マインドマップの描き方↓(マインドマップ作成ソフトiMindMap7)

マインドマップ・スキルの提供について

 

マインドマップのみでの提供は原則おこなっていませんが

ご要望がある場合、セミナー、ワークショップを通して提供しています

また、想像と連想の各種コンテンツにおいて

同時にマインドマップ・スキルを提供いたしています。